きょうのにっき






 





 






 





 











自転車道中膝栗毛











 







 







 






















Bike Museum













































妻もペダルも踏み越えて 広島死闘編









 








 















 











元新聞記者 上野さんのひとりごと





















 















ブログ招待席















 





 




 


 






 




member profile


稿


てんちょ

 
 
 雨蛙として生を受けるが、「ミステリーゾーン」に迷い込んで人間となってしまい、戦争、退廃、不況、民主主義とマスコミの腐敗など、人類のあまりの醜さ、情けなさ、救いようのなさに絶望して雨蛙に戻ろうとする。が、いまだに「ミステリーゾーン」の出口がわからないまま。ときがたつうちに、あの「妖怪人間ベム」も裸足で逃げ出す「雨蛙&人類ハイブリッド・クリーチャー」へと変容。マウンテンバイクのプロショップを江古田にオープンしながら、編C長のロードバイクを組む裏技も発揮する。フロアのウィンドウに張ってあるカエルのシールは「早く本当のカエルに返りたい!」というてんちょ胸のうちの悲痛な叫びなのだが、ノーテンキな編C長や常連客はだ〜れも気がつかない。

2005 / 10 / 28 (金)



<< pre  | next >>


COPYRIGHT (C) akasaka-cycle.com All rights reserved.